毛穴パックは肌を汚くする?やっぱり良くないの?

 

「肌が汚い…」

「毛穴がキモい…」

「キレイにしたいけど、毛穴パックってやっぱり良くないのかな?」

 

そう悩んだことのある人は多いのではないでしょうか。

 

毛穴パックはやりすぎると毛穴が広がる原因になってしまうので、確かに良くはありません。

 

でも、緊急で毛穴をキレイにしたい時などは優秀なアイテムともいえるんですよね。

 

 

肌を汚くしてしまう毛穴パックの使い方

 

頻繁にやりすぎる・放置しすぎる

 

毛穴パックは少なからず皮膚に負担をかけるので、あまり頻繁にやるのはおすすめできません。

 

「また毛穴が詰まってる…」という時はやりたくもなりますが、毎日の洗顔を重視したほうが改善は早いのです。

 

「明日までに毛穴をキレイにしたい!」という緊急の時にだけ使うようにするか、多くても2週間に1回ほどまでにしておきましょう☆

 

 

強くはがしてしまう

 

毛穴パックは肌にピターッと密着するので、ベリッと強くはがしてしまうと肌を傷つけてしまいます。

 

お肌のコラーゲンが傷つくことでシワやたるみができると「たるみ毛穴」も出来やすくなり、肌を汚くしてしまいます。

 

私たちの肌は思ったよりデリケートなものです。

 

強い刺激が加わることでバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れる原因になることもあるので十分気をつけましょう。

 

 

アフターケアが不十分

 

毛穴パックをした後は毛穴が凹んでいる状態なので、毛穴を引き締めるアフターケアをしないと凹んだ毛穴に汚れ(皮脂など)が溜まるのは時間の問題です。

 

これをしっかりせずに「めっちゃ角栓取れた~!!」と余韻に浸りすぎたりしないように気を付けましょう。笑

 

毛穴パックをそーっとはがした後は、すぐに

 

・毛穴を引き締める

・たっぷり保湿

 

のアフターケアを欠かさないようにしましょう。

 

 

毛穴を引き締めるには、ビタミンC誘導体配合の化粧品をつかうのがおすすめですね。

 

ビタミンC誘導体には毛穴をきゅっと引き締める作用があるので、汚れが取り除かれた毛穴をきゅっと小さく引き締めてくれます☆

 

(ビタミンC誘導体には皮脂の量をコントロールする作用もあるので、ニキビや毛穴の詰まり・黒ずみの予防・改善も期待できます)

 

ビタミンC誘導体で毛穴を引き締めたら、最後にたっぷり保湿していきましょう。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されている化粧品でケアして、お肌にうるおいを密封します。

 

そうすることでお肌の水分量がアップするので、毛穴やニキビなどの肌トラブルが起きにくくなりますよ。

 

アフターケアをしっかりして、毛穴パックのせいで肌が汚くなったりしないように気を付けましょう☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です