肌が汚い女に見えてしまう!ヘアメイクとは

 

肌が汚い…とお悩みの方は、肌が汚く見えてしまうヘアメイクを進んでしているかもしれません。

 

当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

 

 

髪色が明るい

 

明るめの茶髪や金髪など、髪色が明るい人は暗い人に比べて肌を汚く見せてしまいます。

 

肌が白くてキレイな人なら明るいカラーをしても清潔感は残りますが、普通の人がやると清潔感のない印象になってしまったり、肌が汚く見せてしまう事があることを覚えておきましょう。

 

 

白めのファンデを塗っている

 

自分の肌の色より白めのファンデを塗っていると、肌が汚くみえることがあります。

 

メイクしてから時間がたってくると、シワや毛穴の凹が影になって目立ってきてしまい、肌が汚くみえるだけでなく老けて見える原因にもなるので要注意!

 

ファンデの色は気持ち暗めのものを選ぶか、コスメカウンターで相談して買うようにしましょう。

 

 

毛穴をカバーするために厚めに塗っている

 

毛穴って絶対に隠したいですよね。

 

目立つと一気に清潔感なくなるし、肌汚いな~と思われそうだし。

 

でも、だからといって厚塗りにしてしまうと、メイクが崩れやすくなるので結果として毛穴を目立たせてしまうことになります。

 

毛穴をうまくカバーするには毛穴用の下地を塗り、そのうえからパール入りのファンデを塗ると良いでしょう。

 

パウダーはTゾーンやおでこなどのテカリやすい部分だけに乗せて、他の部分はツヤを重視してみましょう。

 

 

ヌーディーなリップ・グロスを塗っている

 

ヌーディーなリップやグロスを塗っている人は、肌を汚く見せているかもしれません。

 

モードでクールに見せたい時には良いですが、ヌーディーなものは血色を悪く見せてしまうので、肌がくすんで見えてしまいます。

 

 

汚肌女の毛穴をカバーするにはパールの効果を使おう!

 

さっきもチラッと言いましたが、毛穴をカバーするにはパールを活用しないと損です!

 

というのも、パールには「光を拡散する効果」があるので、パール入りの化粧品を顔に使うことで 顔に光があたった時に、毛穴やシワなどが目立ちにくくなるからです。

 

パール入りのフェイスパウダーとかリキッドファンデとか、色々あると思いますが、それを毛穴が気になる部分にふわっと乗せれば、毛穴を目立ちにくくしてくれます♪

 

 

せっかく毎日スキンケアをがんばってても、ヘアメイクで肌を汚くみせてたら意味ないですよね。

 

これからはこれらのことに気をつけて、メイクやおしゃれを楽しみましょう☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です